デジPC記

自作PCやデジタル家電・写真やその他趣味など
(自作PCの作り方ブログ・PCオーディオブログ・その他デジタルな事ブログ)

赤外線リモコンコンセントOCR-05WとRATOC家電リモコンRS-WFIREX3連携 Amazon echo Alexaで音声コントロール

リモコン操作できない家電をオーム電機の赤外線リモコンコンセント(OCR-05W)につなぎ、ラトックの家電リモコン(RS-WFIREX3)で連携して、アレクサで音声コントロール。

お手軽スマートホーム気分。
(夏場少しだけ使用している送風機と新しく購入したクリップライトでお試し)

こんな感じの赤外線リモコンコンセント(OCR-05W)で
複数チャンネル対応だとうれしいのですが残念ながらチャンネルは1チャンネル
リモコンコンセントOCR-05W

PanasonicのLED電球(LDA8LGK60ESW)をクリップライトにつけて
パナソニック LED電球

ヤザワのクリップライト(ウッドセードクリップライト ナチュラル CLX60X01NA)
ヤザワ ウッドセードクリップライト ナチュラル CLX60X01NA

このクリップライト気に入ったのでこの後、安いのでもう1台買ってしまいました。
ヤザワ クリップライト CLX60X01NA

後ろはこんな感じ。
ヤザワ クリップライト CLX60X01NA

しっかりしたクリップで普通に置いてもいけるし、フックに引っ掛ける事も可能です。
ヤザワ クリップライト CLX60X01NA

で実際に操作して動かしてみた動画が以下のように

こんな感じですが


行った設定の手順は
RATOC家電リモコンRS-WFIREX3の家電リモコンアプリでまず家電製品を追加
ここでは電源スイッチを選択
家電製品追加で電源スイッチをタップ

そしてオーム電機を選択
オーム電機を選択

OCR-05のモデル型番選択
OCR-05を選択

テスト送信して完了
この時RATOCの家電リモコンRS-WFIREX3とオーム電機の赤外線リモコンコンセント(OCR-05W)
が近い距離だとなぜだかうまくいかないので離してやるとうまくいきました。
実際の操作の時も何か干渉するのか距離を置くか、間に何かあればいくような?なぞです。
OCR-05Wの付属のリモコンでは全然問題なくオンオフできるのですが
テスト送信して完了

上記のリモコンをスイッチと言う名前で作成後、
(アレクサの家電リモコンのスマートホームスキルは前に有効にしていますのでここでは省略)
今度はAmazon Alexaの設定へ、ログイン画面が表示されます。
Amazon Alexaの設定

RATOCの家電リモコンのアカウントでログイン後
スマートホームスキルを選択
ログイン後スマートホームスキルを選択

スマートホームに割り当てるリモコン
先ほど作成した「スイッチ」を選択でOK
割り当てるスイッチを選択してOK

登録をタップで
家電リモコンアプリの作業は終了
スイッチが反映されて登録して完了

ここからはアレクサアプリの設定
アレクサアプリのスマートホームでデバイスの追加
アレクサでデバイスを追加

スイッチが追加完了
スマートホームにスイッチが追加される

次はアレクサアプリの定型アクションの設定。
「アレクサ、送風機をつけて」でスイッチをONにさせる
開始フレーズに「アレクサ、送風機をつけて」で保存
定型アクションを作成

アクションを追加で
送風機をつけてのフレーズで

スマートホームを選択
アクションにスマートホームのスイッチONを割り当てる

スイッチのデバイスを選択
スイッチを選んで

ここはオンのまま次へ(オフの時はここで丸い所をタップしてオフに切り替え)
ここはオンのままで次へ

このまま追加
作成して完了

これで作成でオンの方は完了
送風機をつけてでスイッチON

同じ要領で今度はオフのパターンも作成
オフの時はこのようにオフにするのを忘れないように
同じ要領でオフアクション

「アレクサ、送風機を消して」でスイッチをオフのパターンの定型アクションも作成
送風機を消してでスイッチをオフに

他にも
「アレクサ、ライトをつけて」でスイッチをオンにするパターン
ライトをつけてでスイッチをオンに

「アレクサ、ライトを消して」でスイッチをオフにするパターン
ライトを消してでスイッチをオフに

こんな感じでコンセントスイッチで直接動かせるものならいけるかも。





電機器具専用 リモコンコンセント [品番]07-8251 OCR-05W
電機器具専用 リモコンコンセント [品番]07-8251 OCR-05W
ヤザワ ウッドセードクリップライト ナチュラル CLX60X01NA
ヤザワ ウッドセードクリップライト ナチュラル CLX60X01NA
パナソニック LED電球 口金直径26mm 電球60W形相当 電球色相当(7.8W) 一般電球・広配光タイプ 密閉形器具対応 LDA8LGK60ESW
パナソニック LED電球 口金直径26mm 電球60W形相当 電球色相当(7.8W) 一般電球・広配光タイプ 密閉形器具対応 LDA8LGK60ESW

ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

自作PC用ラック ポール延長してハーフシェルフ追加

自作PCの置き場所ってどうしてますかね

普通は机の上とか床にそのままとか

私はスチールラックのキャスターだけはずして

使用していたのですが

なんとなく上にも物が置けないかなと思っていたのですが

よく考えたら何のためにスチールラックにしたの?延長できるじゃんと。

ルミナスのハーフシェルフと延長ポールで
ルミナスの延長ポールとハーフシェルフ

ちょとPCを動かせて延長前がこんな感じで
自作PC置き場所

延長してこんな感じに
ルミナスのハーフシェルフポール延長追加

PCを戻して自作PCラックの拡張完了です。
自作PC用ラック拡張

スチールラックだとこうゆう事ができるのを忘れていました。



メタルラック ランキング 常連 ルミナス luminous 収納家具 スチールラック ラック スチール製 [19mm]スチール棚ハーフタイプ ハーフシェルフ(60幅タイプ)[スリーブ付] ST6025-T parts パーツ


メタルラック ランキング 常連 ルミナス luminous 収納家具 スチールラック ラック スチール製 [19mm]継ぎ足し用ポール 延長ポール 長さ61.5cm延長/2本セット ADD-1960 parts パーツ


幅60 3段 キッチンワゴン すき間キッチンワゴン 隙間ワゴン スチールラック ラック ルミナス スチール製 キャスター付き ルミナスフィール 木棚付 スリムキッチンラック 高さ76 奥行60 MD6074-3MW




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

アレクサでテレビのチャンネル変更。スマートホームスキル照明で(Alexa ラトック家電リモコンRS-WFIREX3)

ラトックの家電リモコン(スマート家電コントローラ RS-WFIREX3)で

Alexaのスマートホームスキルの照明にテレビのチャンネルを割り当て

「アレクサ、テレビ朝日」でテレビのチャンネルを6チャンネルに。

スマートホームスキルは電源のオン、オフしか通常はできなく、

チャンネルを変えたり、音量を上げたりはカスタムスキルのほうで

「家電リモコンで」というフレーズが必要なのですが、スマートホームスキルの

照明として家電リモコンにチャンネル信号を登録して定型アクションで呼び出すことで
(照明以外でもOKですがここでは照明としてとりあえず)

「家電リモコンで」というフレーズが省略可能に。



まずは家電リモコンアプリで家電製品の追加をタップ。
家電製品追加

次に照明をタップ。
照明として作成

次に手動で学習するをタップ。
手動で学習する

ボタンにテレビのリモコンのチャンネルの信号を学習させる
学習を行いたいボタンを選ぶ

とりあえず全灯をタップ(全灯ボタンに学習させる)
全灯ボタンをタップ

このタイミングでスマート家電コントローラ RS-WFIREX3に向けて
テレビのリモコンのチャンネルボタンを押す(6チャンネル)
テレビのリモコンで6を押す

名前をつけて完了(ここでは6チャンネルと)
名前を設定してOK

照明を利用して6チャンネルのリモコンが手動で完成。
照明として6チャンネルの信号を登録完了

同じ操作を繰り返してチャンネル分作成。
同様にして登録チャンネルを繰り返す

次にアレクサのスマートホームスキルで操作できるように
(アレクサの家電リモコンのスマートホームスキルは前に有効にしていますのでここでは省略)
Amazon Alexaの設定(家電リモコンアプリ一覧の右の設定をタップして)を選び、
家電リモコンに登録済みのメールアドレス、パスワードでログインし、
スマートホームスキルを選択
Alexaのスマートホームスキルの設定

6チャンネルをタップし、名前もそのままでOK。
名前をつけてチャンネル毎に登録

6チャンネルが完了。追加で繰り返す。
同じ用にチャンネル分繰り返す

追加で同じことを繰り返しチャンネル分作成して登録。
これで家電リモコンアプリでの設定は終了。
全てのチャンネルを登録

次にここからはアレクサアプリを起動して、設定でスマートホームを選択。
デバイスの追加を行う。
スマートホームにデバイス追加

デバイスを検出させて。
デバイスの検出中

先ほどのチャンネルが検出完了。
全てのチャンネルがスマートホームデバイスとして登録

最後に定型アクションの設定。
定型アクションとして設定

実行条件の+をタップ
実行条件を設定

開始フレーズを選んで開始フレーズを入力して保存。(ここでは「テレビ朝日」としました)
(フレーズはアレクサが聞き取りやすいフレーズに工夫がちょっと必要。)
開始フレーズを設定

今度はそれに対するアクションを追加。
アクションを追加

そして、スマートホームをタップ。
アクションをスマートホームから

アクションに該当する先ほど検出されたデバイス(ここでは6チャンネル)をタップ。
割り当てチャンネルを選ぶ

このまま次をタップ。
このまま次へ

追加をタップ
このまま追加をタップ

作成をタップ。
作成をタップ

これでひとつのチャンネルが完了。(ここでは6チャンネルが完了)
これで「アレクサ、テレビ朝日」でテレビを6チャンネルにする事が可能に。
これで完了

定型アクションを+でチャンネル分繰り返して全て作成。
同じようにして全て作成


アレクサからスマートホームスキル経由で照明を利用して
テレビのチャンネル変更。
実際の操作動画が以下のような感じです。



他にも、チャンネルアップやテレビの音量アップなどもOKです。
「家電リモコンで」というフレーズがいらなくなってスッキリです。

スマートホームスキルは20個までなので数を節約したい場合は照明リモコンだけでなく、他の家電でも、ボタン追加でもONとOFFにそれぞれリモコン信号を割り当てればスマートホームスキルデバイス1個で2個の信号を割り当てられるのでチャンネルなどもONに4チャンネル、OFFに6チャンネルを割り当てるなどの工夫もできます。
(ボタン追加の場合はボタンの名前を電源と認識できる名前でON、OFF、オン、オフとかでないと認識されないようです、onとかの小文字ではだめでした。)
基本的にスマートホームスキルは電源のONとOFFを制御できるしくみになっているようなので、それにリモコンの信号を割り当てればAlexaで制御できるようです。





ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC