ハイレゾってどうなのか?

メーカーの思惑にまんまと騙されているのでは?

確かに音の情報量はデータ的には増えているのでそれはそれで1つのジャンル。

音を変えるにはスピーカーをグレードアップするのが1番だと思うのですが

試しにmoraでノラ・ジョーンズのハイレゾアルバムをダウンロード購入。

私の耳でわかるのか?


ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」
CDからMediaGoでflac(44.1kHz/16bit)でインポートAudioGate3で再生
これ単独で聴いていたら十分いい音です。
AudioGate3 44.1kHz/16bit

ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」ハイレゾ192kHz/24bitを再生
AudioGate3 192kHz/24bit

右側USB-DAC(DS-DAC-10)のランプ表示も192のところが点灯
DS-DAC-10 192kHz/24bitランプ表示

何度か切り替えて再生してみて、確かに比較すると音は違います。
CDは低音が出過ぎでボーカルが引き立たない感じ。
ハイレゾ192kHz/24bitのほうが解像度が高いというかCD(44.1kHz/16bit)より
ごちゃごちゃしてないというか明瞭というかそんな感じ。

でもこれってハイレゾの恩恵なのかどうなのか?
結局ハイレゾ配信されているのはリマスターだからハイレゾとは別に音は変わるのでは?
これはこれで違いを楽しめば良いのですが、リマスター+ハイレゾの恩恵?
同じマスターからダウンコンバートしないと比較できないですね

試しにAudacityで波形を見てみると
これがCDからインポートした「Don't Know Why」
Don't Know Why 44.1kHz/16bit

こちらがハイレゾ192kHz/24bit「Don't Know Why」
Don't Know Why 192kHz/24bit

波形は異なるので当たり前に音に違いは出ますよね。(リマスターによる違い)


今度はAudioGate3 アップサンプリング(DSD5.6MHz)
AudioGate3 サンプリング周波数変更

アップサンプリング(DSD5.6MHz)再生
AudioGate3 DSD5.6MHz アップサンプリング

USB-DAC(DS-DAC-10)のランプ表示も5.6のところが点灯
DS-DAC-10 DSD5.6MHz アップサンプリングランプ表示

微妙な音の違い、少し厚みが出た?感じですかね。
ランダムにブラインドテストされたらまずどれがどれか当てられないですね。
自然と体で音を感じているのでしょうか?
こうやってメーカーの思惑にまんまとはまって行く・・・・


ハイレゾ
デジタルアンプ

KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
DALI スピーカーシステム  ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC