基本は赤外線リモコンをまとめてスマホで管理する家電コントローラ
スマート家電コントローラ RS-WFIREX3
スマホで家電を操作ということです。外出先からもコントロール可能。

AIスピーカー対応とありますが、ここがどうなのか?
スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

早速開封、非常にコンパクトです。
付属品は本体、ケーブル、説明書と保証書
スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

USB-ACアダプタは付属していませんので古いiPhoneのアダプタを使用
USB-ACアダプタは付属していません

マウスより小さいです。
大きさ比較

設定はスマホでアプリをダウンロード
1

ユーザー登録必要なのかな?
とりあえずメールアドレス入力して、登録
2

製品を選択RS-WFIREX3
3

本体をコンセントに接続
4

自宅のWi-Fiを設定、私は手動で
5

SSIDを自動検索して
6

暗号化キー入力して、完了
7

家電リモコンに接続しています。
8

Wi-Fiルータとの接続に成功しました。
名前はそのまま家電リモコン(1)で、OK
9

アレクサで使用する場合は家外使用を有効に
しないと使えません。
10

ここからどの家電をコントロールするかを選んでいきます。
エアコンから
11

エアコンのメーカー選択
私の場合三菱電機を
12

モデルの選択、該当機種がないのですが
同じメーカーなら基本操作はいけるので
近そうな型番を選択。
13

テスト送信で動作確認
動作確認できたので、完了。
14

ということでエアコン完了。
15

家電製品追加で次はテレビを。
16

テレビのメーカー
ソニーを選択
17

ここでも該当型番がないので
メーカーが同じなので近そうなのを適当に選択
18

テスト送信して動作確認
19

名前はテレビでOK
20
以上の繰り返しでスマホでコントロールしたい
リモコンを作成していくといった手順
メーカーが同じであればプリセットされたものから選ぶだけでOKです
オリジナルで作る場合は手間はかかりますが
リモコンの赤外線をそのつど割り当てて作成していくことができます。
スマホだけで使用する場合はこれで完了。

でアレクサでのコントロールは
Amazon Alexaの登録/変更メニューから
21

Amazon Alexaとの連携
ここで表示されるリモコンIDの設定が必要。
クリップボードに保存されますので
入力画面で貼り付ければOK
Amazon Alexaアプリを起動をタップ
(リモコンID登録後にもう一度この画面にもどって次へをタップ)
22

Amazon Alexaアプリでスキルを呼び出し
有効に
23

リモコンID入力画面が現れますので
貼り付けして登録。
24

リンク完了で
25

家電リモコンのアプリに
戻ってアレクサでコントロールするリモコンを選択
アレクサで対応できるリモコンしかここでは表示されません
残念ですがアレクサではテレビ1台、エアコン1台、照明2台しか登録できません
割り当てればAのマークが
26

最終的にこんな感じです
Aのマークがついた分だけアレクサでコントロール可能
以外はスマホのみでのコントロールに
27

基本はスマホで家電を操作ということです。
アレクサはおまけ程度。


で、その音声での呼び出し方がちょっと難なんですね。

アレクサのカスタムスキルで動かすので

「アレクサ」の後「家電リモコンで」というスキルの呼び出し名を言わないと反応してくれません。

詳しくは次の記事(Amazon Echo アレクサとのつきあい方 家電リモコン偏で



ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC