RATOCのスマート家電コントローラ RS-WFIREX3
Amazon Echo Alexaのスマートホームスキルに対応。

これでテレビや照明、エアコンなどの電源ON、OFFに関しての操作は

「家電リモコンで」という言葉を省略することが可能になりました。

(照明に割り当て定型アクションで実行する事で
テレビのチャンネル変更なども可能。次の記事参照

まずはスキルを有効にして
スマート家電コントローラスマートホームスキル


以前登録したGoogleHomeのときに登録したメールアドレスとパスワードでログイン
RATOC家電リモコンログイン

これでリンク完了のようですが
このままではまだデバイスは追加できませんでした。
家電リモコン側のアプリでの設定が必要。
スマート家電コントローラーアレクサとリンク


家電リモコンのアプリでAmazon Alexaの設定を呼び出し
再度先ほどのメールアドレスとパスワードでログインすると以下の画面に
(カスタムスキルはもうすでに使用しているので今回は省略しますがカスタムスキル設定も以前とは異なる方法になった模様です。スマートホームスキルとの区別のためですね。)

スマートホームスキルの選択をタップ。
家電リモコンアプリ側設定

まずはテレビを登録して+で次を追加
スマートホームスキル用家電リモコン登録

次に照明を追加。
照明も登録

エアコンも追加
エアコンも登録

こんな感じで追加完了。
スマートホームスキルでのコンロトロール家電リモコン

ここでアレクサアプリに戻って
スマートホームのデバイス追加。
アレクサアプリでデバイス追加

テレビ、エアコン、照明の3つが追加完了。
デバイスエアコン、テレビ、照明追加完了

これでアレクサからスマートホームスキル経由で
テレビ、照明、エアコンの電源のON、OFFのコントロールが可能です。。
(照明に割り当て定型アクションで実行する事で
テレビのチャンネル変更なども可能。次の記事参照

結局、家電リモコンとアレクサとの設定は、
家電リモコンアプリ側でユーザー登録(メールアドレス、パスワード)、そのユーザーでログインして、カスタムスキルやスマートホームスキル用の家電リモコン(テレビ、照明、エアコンなど)を登録。
アレクサアプリ側で、カスタムスキルやスマートホームスキルを有効にして、家電リモコンアプリで登録したメールアドレス、パスワードでログインしてリンクする。スマートホームスキルに関しては、スマートホーム設定でデバイスを追加させる。
といった具合です。

アレクサからスマートホームスキル経由で実際の操作動画が以下のような感じです。


「アレクサ、テレビをつけて」でテレビの電源がオンに。
「家電リモコンで」という言葉がいらないので非常に快適です。
レスポンスも速く感じます。
これで、RATOCの家電リモコンRS-WFIREX3との連携に関しては
私の感覚ではAmazon echo(Alexa)の方がGoogleHome(Googleアシスタント)より
ちょっと良くなりましたね。(ちょっと逆転です)
GoogleHomeの場合、声の出し方しだいでどのユーザーの声か特定できないと言われるので
(Voice Matchの精度の問題ですが)





ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC