「インク吸収体が満杯に近づきました。OKで継続できますが、早めに修理窓口へ交換をご依頼ください」

と突然(Canon MG6230)にメッセージが出現。

インク吸収体が満杯に近づきました

とりあえずCanonさんに問い合わせてみると

インク吸収体というのはクリーニングなどの時に吹きつけたインクを吸収するらしいのですが

1つではなくて色々な箇所にたくさんあって、それの交換が必要だそうで

満杯になるまでは、まだ使用できるが、満杯になった時点でストップするという事らしい。


しかし、この型番は、残念ながら

MG6230は今年の3月で部品終了!

という事で終了!

部品終了は生産終了してから5年らしいです。

あきらめがついていいですがね。



試しに部品があった場合、修理代はいくらほどかっかたのかを聞いてみると

近い機種で見積もった場合16,000円程かかるとか、予想はしていましたがやっぱり新品1台買えますよね。


使用期間は6~7年ですので良く頑張ってくれたほうなのかな?

予定外の出費は痛いですがね。

仕方が無いのでPIXUS TS8130へ買い替えです。(修理代とほぼ同じ額でした)
PIXUS TS8130

プリンタって買い換えるたびに小さくなっていきますね。
TS8130開封

前面給紙トレイも薄くなって(仕様では普通紙100枚)
MG6230は150枚でしたので
トレイが浅い

背面給紙も一時期廃止されてましたが、今は復活してくれてて良かった。
ハガキや封筒などの印刷時は背面給紙が楽なので。
背面給紙

左がMG6230右がTS8130、大きさ比較
MG6230とTS8130比較

プリンタは振動や汚れなどもあって、パソコンよりも消耗品かな。



キヤノン インクジェット複合機TS8130 BLACK PIXUSTS8130BK
キヤノン インクジェット複合機TS8130 BLACK PIXUSTS8130BK


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC