デジPC記

自作PCやデジタル家電・写真やその他趣味など
(自作PCの作り方ブログ・PCオーディオブログ・その他デジタルな事ブログ)

スマートスピーカー

アレクサでテレビのチャンネル変更。スマートホームスキル照明で(Alexa ラトック家電リモコンRS-WFIREX3)

ラトックの家電リモコン(スマート家電コントローラ RS-WFIREX3)で

Alexaのスマートホームスキルの照明にテレビのチャンネルを割り当て

「アレクサ、テレビ朝日」でテレビのチャンネルを6チャンネルに。

スマートホームスキルは電源のオン、オフしか通常はできなく、

チャンネルを変えたり、音量を上げたりはカスタムスキルのほうで

「家電リモコンで」というフレーズが必要なのですが、スマートホームスキルの

照明として家電リモコンにチャンネル信号を登録して定型アクションで呼び出すことで
(照明以外でもOKですがここでは照明としてとりあえず)

「家電リモコンで」というフレーズが省略可能に。



まずは家電リモコンアプリで家電製品の追加をタップ。
家電製品追加

次に照明をタップ。
照明として作成

次に手動で学習するをタップ。
手動で学習する

ボタンにテレビのリモコンのチャンネルの信号を学習させる
学習を行いたいボタンを選ぶ

とりあえず全灯をタップ(全灯ボタンに学習させる)
全灯ボタンをタップ

このタイミングでスマート家電コントローラ RS-WFIREX3に向けて
テレビのリモコンのチャンネルボタンを押す(6チャンネル)
テレビのリモコンで6を押す

名前をつけて完了(ここでは6チャンネルと)
名前を設定してOK

照明を利用して6チャンネルのリモコンが手動で完成。
照明として6チャンネルの信号を登録完了

同じ操作を繰り返してチャンネル分作成。
同様にして登録チャンネルを繰り返す

次にアレクサのスマートホームスキルで操作できるように
Amazon Alexaの設定(家電リモコンアプリ一覧の右の設定をタップして)を選び、
家電リモコンに登録済みのメールアドレス、パスワードでログインし、
スマートホームスキルを選択
Alexaのスマートホームスキルの設定

6チャンネルをタップし、名前もそのままでOK。
名前をつけてチャンネル毎に登録

6チャンネルが完了。追加で繰り返す。
同じ用にチャンネル分繰り返す

追加で同じことを繰り返しチャンネル分作成して登録。
これで家電リモコンアプリでの設定は終了。
全てのチャンネルを登録

次にここからはアレクサアプリを起動して、設定でスマートホームを選択。
デバイスの追加を行う。
スマートホームにデバイス追加

デバイスを検出させて。
デバイスの検出中

先ほどのチャンネルが検出完了。
全てのチャンネルがスマートホームデバイスとして登録

最後に定型アクションの設定。
定型アクションとして設定

実行条件の+をタップ
実行条件を設定

開始フレーズを選んで開始フレーズを入力して保存。(ここでは「テレビ朝日」としました)
(フレーズはアレクサが聞き取りやすいフレーズに工夫がちょっと必要。)
開始フレーズを設定

今度はそれに対するアクションを追加。
アクションを追加

そして、スマートホームをタップ。
アクションをスマートホームから

アクションに該当する先ほど検出されたデバイス(ここでは6チャンネル)をタップ。
割り当てチャンネルを選ぶ

このまま次をタップ。
このまま次へ

追加をタップ
このまま追加をタップ

作成をタップ。
作成をタップ

これでひとつのチャンネルが完了。(ここでは6チャンネルが完了)
これで「アレクサ、テレビ朝日」でテレビを6チャンネルにする事が可能に。
これで完了

定型アクションを+でチャンネル分繰り返して全て作成。
同じようにして全て作成


アレクサからスマートホームスキル経由で照明を利用して
テレビのチャンネル変更。
実際の操作動画が以下のような感じです。



他にも、チャンネルアップやテレビの音量アップなどもOKです。
「家電リモコンで」というフレーズがいらなくなってスッキリです。

スマートホームスキルは20個までなので数を節約したい場合は照明リモコンだけでなく、他の家電でも、ボタン追加でもONとOFFにそれぞれリモコン信号を割り当てればスマートホームスキルデバイス1個で2個の信号を割り当てられるのでチャンネルなどもONに4チャンネル、OFFに6チャンネルを割り当てるなどの工夫もできます。
(ボタン追加の場合はボタンの名前を電源と認識できる名前でON、OFF、オン、オフとかでないと認識されないようです、onとかの小文字ではだめでした。)
基本的にスマートホームスキルは電源のONとOFFを制御できるしくみになっているようなので、それにリモコンの信号を割り当てればAlexaで制御できるようです。





ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

RATOCの家電リモコンRS-WFIREX3がAlexaのスマートホームスキルに対応

RATOCのスマート家電コントローラ RS-WFIREX3
Amazon Echo Alexaのスマートホームスキルに対応。

これでテレビや照明、エアコンなどの電源ON、OFFに関しての操作は

「家電リモコンで」という言葉を省略することが可能になりました。

(照明に割り当て定型アクションで実行する事で
テレビのチャンネル変更なども可能。次の記事参照

まずはスキルを有効にして
スマート家電コントローラスマートホームスキル


以前登録したGoogleHomeのときに登録したメールアドレスとパスワードでログイン
RATOC家電リモコンログイン

これでリンク完了のようですが
このままではまだデバイスは追加できませんでした。
家電リモコン側のアプリでの設定が必要。
スマート家電コントローラーアレクサとリンク


家電リモコンのアプリでAmazon Alexaの設定を呼び出し
再度先ほどのメールアドレスとパスワードでログインすると以下の画面に
(カスタムスキルはもうすでに使用しているので今回は省略しますがカスタムスキル設定も以前とは異なる方法になった模様です。スマートホームスキルとの区別のためですね。)

スマートホームスキルの選択をタップ。
家電リモコンアプリ側設定

まずはテレビを登録して+で次を追加
スマートホームスキル用家電リモコン登録

次に照明を追加。
照明も登録

エアコンも追加
エアコンも登録

こんな感じで追加完了。
スマートホームスキルでのコンロトロール家電リモコン

ここでアレクサアプリに戻って
スマートホームのデバイス追加。
アレクサアプリでデバイス追加

テレビ、エアコン、照明の3つが追加完了。
デバイスエアコン、テレビ、照明追加完了

これでアレクサからスマートホームスキル経由で
テレビ、照明、エアコンの電源のON、OFFのコントロールが可能です。。
(照明に割り当て定型アクションで実行する事で
テレビのチャンネル変更なども可能。次の記事参照

結局、家電リモコンとアレクサとの設定は、
家電リモコンアプリ側でユーザー登録(メールアドレス、パスワード)、そのユーザーでログインして、カスタムスキルやスマートホームスキル用の家電リモコン(テレビ、照明、エアコンなど)を登録。
アレクサアプリ側で、カスタムスキルやスマートホームスキルを有効にして、家電リモコンアプリで登録したメールアドレス、パスワードでログインしてリンクする。スマートホームスキルに関しては、スマートホーム設定でデバイスを追加させる。
といった具合です。

アレクサからスマートホームスキル経由で実際の操作動画が以下のような感じです。


「アレクサ、テレビをつけて」でテレビの電源がオンに。
「家電リモコンで」という言葉がいらないので非常に快適です。
レスポンスも速く感じます。
これで、RATOCの家電リモコンRS-WFIREX3との連携に関しては
私の感覚ではAmazon echo(Alexa)の方がGoogleHome(Googleアシスタント)より
ちょっと良くなりましたね。(ちょっと逆転です)
GoogleHomeの場合、声の出し方しだいでどのユーザーの声か特定できないと言われるので
(Voice Matchの精度の問題ですが)





ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

本日Google Homeに対応 RATOC スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

家電リモコンがGoogle Homeにやっと対応。

GoogleHomeのショートカット機能を使えば「家電リモコン」と言う言葉を省略可能に

とりあえずアプリでセットアップ(今回はiOSでiPadで)

あらかじめメールアドレスとパスワード登録が必要なようで
登録をした後
登録したメールアドレスとパスワードでログイン。
家電リモコン GoogleHome 設定

ログイン後、家電リモコン(1)をタップ
家電リモコン GoogleHome 設定

以下の通り
Google Home アプリを起動して
「OK Google、家電リモコンにつないで」
家電リモコンにリンクしてから
下の次へをタップ
家電リモコン GoogleHome 設定

GoogleHomeアプリ側の表示
アクティビティが表示されるのでリンクをクリック
家電リモコン GoogleHome 設定


スマート家電コントローラActions on Google登録
先ほどの登録したメールアドレスとパスワードで登録して
家電リモコンにリンク完了
先ほどの家電リモコンのアプリに戻って次へをタップ
家電リモコン GoogleHome 設定
Google Home連携する家電を選択
家電リモコン GoogleHome 設定

エアコンを選択すると初期値の温度設定してOKをタップ
(ここの画面表示Amazon Alexaで という表現になぜかなってます)
家電リモコン GoogleHome 設定

テレビも照明も選択、GのマークがGoogle Homeでコントロールのマーク
最後に登録をタップ
家電リモコン GoogleHome 設定

登録完了
家電リモコン GoogleHome 設定

でもって家電リモコンと言う言葉を省略したいので
ショートカットを以下のように登録

「テレビをつけて」に
「家電リモコンを使ってテレビをつけて」
を登録

「ねえGoogle、 テレビをつけて」で反応
(テレビをつける操作はクロームキャストの方が速いので
私は家電リモコンでは行いませんが、後でショートカットをOFFに)


他も同じように登録

google home ショートカット設定


実際にやってみると
「家電リモコンを使って」と言う言葉を省略できていいのですが
どのユーザーの声かわからないと言ってVoiceMatchの精度の問題でGoogleがきいてくれないことが
VoiceMatchなしで誰でも使えないものかと
どうなんでしょうRATOCさん。(セキュリティ上仕方ないのかな?)

それでもアレクサよりは使いやすいので
ますます我が家はAmazon EchoよりGoogle Homeのほうが主流になってきました。
最近アレクサはプライムミュージック再生にしかほぼ使っていないような
アレクサも頑張って欲しいのですが

追記
最終的に少しリモコンを修正してアンドロイドスマホで設定しなおした画面
GマークがGoogleアシスタント、Aマークがアレクサです。
テレビと照明1とエアコンです。
家電リモコンアプリ

動画も追加(Google Home 家電リモコン RS-WFIREX3連携)






ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

2階のGoogle Home と 1階のAmazon Echo 音声トリガーでIFTTTのLINEで家内連絡「ご飯できたよ」

2階のGoogle Home と 1階のAmazon Echo 音声トリガーでIFTTTのLINEで家内連絡

「ご飯できたよ」2階リビングから、「ハイハイ」1階の部屋から
「おやつ食べる?」2階リビングから、「ハイハイ」1Fの部屋からというふうに
b3s

2FのリビングのGoogleHomeMiniに「ねえ、Google、LINEで「ご飯できたよ」」と言うと

1Fの私の部屋のスマホというか家族グループLINEに「ご飯できたよ」が届き

1Fの私が返事にAmazon Echoに「アレクサ、「LINEに返事」をトリガー」と言うと

同じく家族のグループLINEに「ハイハイ」と返事が送信

あくまでもグループLINE内での送信で、確認は双方のスマホの画面でということですが

いちいち大声を出さなくて、スマホの入力も省けて連絡可能。

IFTTTで
GoogleアシスタントをトリガーでLINEをアクションに
AlexaをトリガーでLINEをアクションに
IFTTTのLINEの送信先は同じグループLINEに設定するだけ

スマホ用IFTTTアプリでもPCからでも
とりあえずIFTTTのアカウントを作成してから

まずはGooogle HomeのIFTTTアプレットから
thisをタップ
1

トリガーとなるサービスを
Google Assistantを選択
1-1
当然GoogleのアカウントはGoogle Home設定のアカウントで

Google Assistantのトリガーとして
Say a phraze with a text ingredientをタップ
2
What do you want say?のところに
lineで $ と入力 ($の部分は言った内容をそのまま送ってくれる)
他の言い方として
lineに $ も
グーグルアシスタントの返事が
lineで $ と送りました (こうしゃべってくれます)
LanguageはJapaneseを選択
入力が終わればチェックをタップ
3

次はthatをタップ
4

アクションとなるサービスを検索して選択
ここではLINE
初めて設定時はコネクトして
4-1

LINEに設定しているメールアドレスとパスワードを入力して
ログイン
4-2

Send messageをタップ
5

Recipientは初期値はLINE Notify(テスト時はこれでもok)
最終的には家族用のLINEのグループを作成して
そのグループにLINE Notifyを招待して参加させ
そのグループ名をRecipientのところに選択設定する。

MessageはこのままでもOK
TextFieldの部分に言った内容(Google Assistantの$部分)が反映される

6

ここでは後ろにわかりやすくする為 「by 2F」と言う文字を追加して
チェックをタップして入力終了
7

Finishをタップして完了
8

これでGoogle HomeからのトリガーでLINEを送信
9


次はAmazon Echo(アレクサ)のアプレットを
同じくthisをタップ
a1

トリガーのサービスAmazon Alexaを選択
a1-1

初めて使う場合はコネクト
a1-2

Amazonアカウントでログイン
a1-3

アレクサの場合は
Say a specific phraseを選択
a2


アレクサの場合は、固定のフレーズしか設定できません
($とかで設定できません)
a3


「LINEに返事」だと認識しなかったので
「ラインに返事」と設定
(言い回しでうまくいかない場合があります)
入力が終わればチェックをタップ
a4

次はthatをタップ
a5
アクションのサービスLINEを選択し、
Send messageをタップ
a6
Recipientは初期値はLINE Notify(テスト時はこれでもok)
最終的には家族用のLINEのグループを作成して
そのグループにLINE Notifyを招待して参加させ
そのグループ名をRecipientのところに選択設定する。

Messageに
「ハイハイ by1F」と設定
アレクサの場合は固定のメッセージになります。
入力が終わればチェックをタップ。
a7

Finishをタップして完了
a8
これでアレクサからのトリガーでLINEを送信できます。
a9
とりあえずはLINE Notifyで動作確認して
最終的には上の説明のとおりで
LINEグループを作成して、そこにLINE Notifyを招待して、参加させ
その作成したLINEグループ名をそれぞれのアプレットの
IFTTTのLINEの送信先に変更して完了。
(歯車アイコンのところをタップして、設定を変更できます)

IFTTT動作確認動画


「ご飯できたよ」
b1

「ハイハイ」
b2

というぐあいです。

Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

Amazon Echo アレクサとの付き合い方 Google Home連携 家電リモコン偏

 Amazon EchoとRS-WFIREX3(スマート家電コントローラ)

テレビの電源を入れる場合は
「アレクサ、家電リモコンでテレビ電源」

「家電リモコンで」という言葉が必ずいるわけですが


もう少し短く言いたいので代わりにGoogleHomeにしゃべってもらう

Google Home連携でちょっとお遊び

Google Home(グーグルアシスタント)にはアレクサにはないショートカット機能があるので


ショートカットに以下のように設定

「家電をつけて」に対して
「アレクサッ、家電リモコンでテレビの電源と繰り返して」と割り当てる

「家電を消して」に対して
「アレクサッ、家電リモコンでテレビを消してと繰り返して」と割り当てる

Screenshot_20171205-182839


で、実験

 

実際に実行すると
「ねえGoogle、家電をつけて」と短い言葉で私が言うと
「アレクサッ、家電リモコンでテレビの電源」とGoogle Homeが返答してくれる。
それをアレクサが聞いて、家電リモコンを操作する。
という具合に。

以上です。


ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
ラトックシステム スマート家電コントローラ スマホで家電をコントロール 外出先からいつでも自宅の家電製品を遠隔操作できる 【AmazonAlexa対応製品】 RS-WFIREX3
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Amazon Echo (Newモデル)、サンドストーン (ファブリック)
Google Home Mini チョーク(グーグル ホーム ミニ チョーク)



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC