デジPC記

自作PCやデジタル家電・写真やその他趣味など
(自作PCの作り方ブログ・PCオーディオブログ・その他デジタルな事ブログ)

自作PC

Ryzen3000 BIOSアップデート済みマザーボード ASRock B450 Steel Legend

Ryzen3000シリーズ対応のBIOSアップデート済みマザーボード

ASRockの B450 Steel Legendがドスパラさんで売っていたので思わず購入。
(最新のX570のマザーは高いのでB450で)

それに合わせてAMD Ryzen 5 3600 BOX(3700Xは売り切れなので)と

メモリCORSAIR DDR4-2666MHz CMK16GX4M2A2666C16 8GB×2枚も

7月末までは店頭だとCPUとマザーボードセットで割引がきくようなので
AMD Ryzen 5 3600 BOX  ASRock B450 Steel Legend


AMD RYZEN 3000 DESKTOP READYシールが箱に
このシールが目印。
でもシールが貼ってあってもダメな場合があるかもしれないということで
店の方がボード上のBIOSバージョンのシールも確認してくれました。
Ryzen 3000 シリーズ BIOSアップデート済みマザーボード

このマザーボードの場合ASRockホームページ上にP2.30以降ならばOKなので
p23

マザーボード上のP2.30シールで確認が取れました。
P2.3 BIOS UEFIバージョンシール

B450 Steel Legend開封です
いつも通りの感じで付属品はドライバー関係のメディア、マザーボード説明書
SATAケーブル、バックパネル他。
ASRock B450 Steel Legend 開封


マザーボードの色合いとして全体的にシルバーで渋い感じのデザイン(これも良い)
実際動かしてみると雰囲気は変わってかっこよく光ます。
チップセットのヒートシンク当たりとIOポートのヒートシンク周りが光ます
この価格でかっこよく光るのでなんとなく得した気分。
最近光るのを選んでしまいます。こないだのグラボも。
ASRock B450 Steel Legend

背面の端子は
PS/2 マウス/キーボード ポート
2 x USB 2.0 ポート
DisplayPort 1.2
HDMI ポート
4 x USB 3.1 Gen1 ポート
1 x USB 3.1 Gen2 Type-A ポート 
1 x USB 3.1 Gen2 Type-C ポート 
1 x RJ-45 エリアネットワークポート
HD オーディオ: リアスピーカ / ミドルスピーカ / 低音スピーカ / サウンド入力 / フロントスピーカ / マイクロフォン 
SPDIF 光出力コネクタ ポート
この価格で光出力もあるのかとびっくり。 
私にとって欲しい機能が最低限整っていて(これ以上の機能があっても使用しないので)
コストパーフォーマンスに優れたマザーボードです。 とても気に入りました。
背面端子 ASRock B450 Steel Legend

AMD Ryzen 5 3600 BOXも開封
この付属ファンは光りません。いずれにせよ虎徹マーク2を使いますので。
AMD Ryzen 5 3600 BOX開封

メモリはCORSAIR DDR4-2666MHz
CMK16GX4M2A2666C16 8GB×2枚
CORSAIR DDR4-2666MHz CMK16GX4M2A2666C16 8GB×2枚

今回購入したのはこれだけで
その他の手元にあるパーツと合わせて新しく1台組みました。
初めてのAMDです。



ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 ATX マザーボード B450 Steel Legend
ASRock AMD Ryzen AM4 対応 B450 チップセット搭載 ATX マザーボード B450 Steel Legend

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX

CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16
CORSAIR DDR4-2666MHz デスクトップPC用 メモリモジュール VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚キット CMK16GX4M2A2666C16



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

グラボを新しくMSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6Gに 

グラボをGTX760からGTX1660Ti へアップグレード

MSIのGeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G(光るやつです)
MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G

開封です。
MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G 開封

付属品はこんな感じ保証書やドライバーなど
付属品 保証書など

グラボ本体MSI GTX 1660 Ti GAMING X 6G
GTX1660 Ti GAMING X 6G

映像出力端子は
DisplayPort x 3 (v1.4) / HDMI 2.0b x 1
ポートはdisplay 3個 HDMI 1個

早速、装着。補助電源は8ピン1つでいけるみたいです。
消費電力は130WなのでGTX760と比べると随分省エネに。
MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G 装着

かっこよく光ってます。(光り方を色々変えれるみたいです)
光ります


とりあえずベンチマークテストを、CPUはi7-4790のままですが
マザーボード ASRock Z97 Extreme6
CPU i7-4790 3.6GHz
メモリ8GB
システムドライブ SSD CRUCIAL MX500 500GB  Windows10 HOME
グラボ MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G



漆黒のヴィランズ ベンチマークテスト結果
1920X1080 最高品質で  スコア12144 非常に快適
漆黒のヴィランズ ベンチマーク



3DMARK Time Spy ベンチマークテスト結果 スコア 5911
Time Spy ベンチマーク



FF15ベンチマークテスト結果 1920X1080 高品質で 6985 快適
FF15 ベンチマーク

1920X1080高品質でYOUのところがこのPCのスコア
FF15 ベンチマーク結果

といったような結果。
特に不快なコイル鳴きもなく快適です。


MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G グラフィックスボード
MSI GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G グラフィックスボード

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

Windows10をisoファイルからクリーンインストール

ハードディスクだとWindows7の頃はまだましでしたが

Windows10にアップグレードしてからは、操作がどうもひっかかるというか

もともと速いタイプのハードディスクではなかったので当たり前なのですが

自作PCうち1台のPC(Haswell Refresh)のシステムドライブを

SSDに交換してWindows10をクリーンインストールし直し。


もう一台PCを組もうと置いてあったSSDですが
これを使ってとりあえず現状のPCの環境改善ということで
Crucial SSD 500GB MX500をセット
Crucial SSD 500GB MX500をセット

あらかじめ
マイクロソフトからWindows 10 ダウンロードしてDVDにisoファイルを作成
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10%E3%80%80

でもってDVDからブートしてインストール開始
次へ
Windows10クリーンインストール

Windowsのライセンス認証
ここはプロダクトキーはありませんをクリック
(マイクロソフトアカウントに紐付けられたデジタルライセンスを使用するので)
ライセンス認証スキップ

Windows10Homeなのでそれを選択して次へ
Windows10Home

ライセンス同意で次へ
ライセンス同意

インストール先はSSD
(もともとのハードディスクは後でデータだけ退避してフォーマットしてデータディスクとして接続予定)
インストール先SSDを選択

インストール中
Windows10インストール開始

マイクロソフトアカウントでログインして
デジタルライセンス認証されています。
ライセンス認証OK

これで当たり前ですが生まれ変わったように速くなりました。
しばらくはこのPCは安泰のような感じ。次はマザーボードをいつ変えるか。

で、これは良かったのですが
もう一台の古いほうの自作PC(Sandy Bridge)のほうが調子が悪いながら使えているのですが
CrystalDiskInfo(色々なキャラクタがあるようですが)でチェック
キャラクターボイスで「回復不可能セクタ数が増えたよ・・・新しいドライブ買っちゃう?」
とか注意通知が。
CrystalDiskInfo

とりあえずバックアップです。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

PCケース コルセア Corsair Carbide 400C White

コルセアのPCケース
Corsair Carbide 400C White
IMG_7554

白のPCケースが好きでとりあえずキープ
IMG_7571

アクリルのサイドパネルというより、扉(ドア)になってます。
IMG_7575

上のカバーは簡単にめくれてアクセスしやすい
IMG_7577

背面はこんな感じで
IMG_7581

扉を開けるとファンは2つ付属。
コルセアの光るやつに変えたいですが
IMG_7588

各種配線類
IMG_7593

裏側のパネルをはずすと、2.5インチベイ
IMG_7597

ねじで固定されてるカバーをはずすと3.5インチベイ
5インチベイは無し。
最近5インチベイ無いPCケースが多いですね。
IMG_7603

ねじ類が箱の中に
IMG_7607

これで次のPCを組みたいと思ってるのですが
まだちょっと先になりそうです。
本来は初期不良とかを考慮するとパーツは一気にまとめて買って
すぐに組んだほうがいいのですが
少しずつパーツ揃えていきます。


Corsair Carbide 400C -White- ミドルタワー型PCケース (E-ATXマザーボード対応) KB376 CC-9011095-WW
Corsair Carbide 400C -White- ミドルタワー型PCケース (E-ATXマザーボード対応) KB376 CC-9011095-WW

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

Crucial SSD 500GB MX500 プライムデーで思わずポチッと

アマゾンのプライムデーで

Crucial SSD 500GB MX500が10,863円になっていたので思わず購入。
Crucial SSD 500GB MX500

いずれ買うつもりで欲しい物リストに入れていたのですが。

Crucial SSD 500GB MX500

500GBです。
Crucial SSD 500GB MX500


最近SSDは1年半前ぐらいの価格にやっと下がってきたのでそろそろ買おうかなと思っていたところ

プライムデーのタイムサービスで背中を押された感じでポチッと。(Amazonに心が読まれているような)

次のPC(今年中?)を組む時用と思っているのですが、メモリ価格が高止まりなのが気になるところ。

なかなかメモリは安くならなそうな気配。



Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP
Crucial SSD 500GB MX500 内蔵2.5インチ 7mm (9.5mmアダプター付) CT500MX500SSD1/JP

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC