デジPC記

自作PCやデジタル家電・写真やその他趣味など
(自作PCの作り方ブログ・PCオーディオブログ・その他デジタルな事ブログ)

PCオーディオ

13インチMacBook Pro Retina(Early 2015)でハイレゾ再生

USBDAC : KORG USBDAC DS-DAC-10
再生ソフト : AudioGate3
でWindowsの自作PCでは問題なく安定再生。




MacBook 13インチPro Retina(Early 2015)でどうか
そもそもハイレゾ再生に向いているのかどうか?
USB3.0のみ搭載、デュアルコア(モバイルCPU)で
Macでハイレゾ再生


KORGサイトより最新(2015.6.10)Mac用ドライバーをダウンロード後
Macのサウンド設定画面
KORG USB Audio Device Driverを選択
Macのサウンド設定


とりあえずAudioGate3でハイレゾ192kHz/24bitを再生
AudioGate3でハイレゾ192kHz/24bitを再生

再生はできるが時々音が止まるというか引っかかる感じと少しブチッと雑音が。



次にアップサンプリング(DSD5.6MHz)
MacBookでDSDアップサンプリング再生

再生できた思いきや?音圧が上がって音がでかくなり、ブチッブチッブチッとノイズ
どうも安定しないのでバッファサイズを変更、少し改善されるが使用に耐えない。
安心して聴いていられないスピーカーを痛めそうで怖い感じ。



再生ソフトをAudirvana Plus変更して再生。

Audirvana Plusでハイレゾ192kHz/24bit再生

今度は大丈夫かなと思いきや、所々でブチッとノイズ発生
でもってハイレゾなしでiTunesで圧縮音源を再生してもノイズ発生。

ハイレゾ関係なくこれはUSB3.0の問題なのか?ドライバーの問題なのか?

でKORG USBDAC DS-DAC-10経由をあきらめ


USBDACをノースフラットジャパンさんのFX-AUDIO DAC-X5Jに変更
このUSBDACはUSB経由は(24bit/96KHz)までしか対応していないのですが
独自ドライバーはなくOS標準のドライバーで再生されるため
あっさりAudioGate3でもAudirvana Plusでも安定再生(24bit/96KHz)ができました。

どうもKORG独自ドライバー(KORG USB Audio Device Driver)の問題のようです。
最新Macでハイレゾ再生するには独自ドライバーでしか再生できないUSBDACは避けたほうが賢明なのですかね?
AudioGate3でDSDへのリアルタイムアップサンプリング再生機能があるためドライバーが複雑になっているのかもしれませんね
他のメーカーのUSBDACだともっとすんなりいくのかも。
KORGさんの今後のアップデートに期待するしかないようです。


さらに192kHz/24bitで再生したいのでFX-AUDIO DAC-X5Jのデジタル入力経由で
MacBook 13インチPro Retina(Early 2015)のヘッドホンミニ出力は光デジタル出力も兼ねているので
光ミニプラグから光角型プラグの変換ケーブルで接続し再生。
光ミニプラグ、光角型プラグ光デジタルケーブル

これはUSB経由ではないので、なんなく192kHz/24bitでハイレゾ再生できました。
今の私の環境MacBook 13インチPro Retina(Early 2015)ではこれがベストの再生という事に。
あえてMacにする必要もないのですがMacしかお持ちでない方はご参考に。




ハイレゾ
USB DAC
デジタルアンプ

FX-AUDIO- DAC-X5J


KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
DALI スピーカーシステム  ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
SANWA SUPPLY KM-HA12-10 光デジタルオーディオケーブル
SANWA SUPPLY KM-HA12-10 光デジタルオーディオケーブル


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

直径12.5mmドライバーのエレコムのハイレゾ対応イヤホン EHP-CH2000S

ハイレゾ対応のイヤホン エレコム EHP-CH2000S
マイクついてるタイプなのでスマホのハンズフリー通話も可能なタイプ

エレコム EHP-CH2000S

ハイレゾ対応のヘッドフォンやイヤホンは結構高いのですが1万円以下で買えるのはこれぐらいで
ちょうどイヤホンが壊れかけていたのでそれのシルバーでなくゴールドを選びました。

エレコム EHP-CH2000S

箱もちょっと高級な感じがしますね。

ハイレゾイヤホン エレコム EHP-CH2000S

付属品はこんな感じ

ハイレゾイヤホン エレコム EHP-CH2000S

ドライバーユニット 12.5mmなので迫力あります。

直径12.5mm ドライバーエレコム EHP-CH2000S

当然のごとくハイレゾ音源でなくても良い音します。



ELECOM ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン(マイク付) カナルタイプ 12.5mmドライバ CH2000 ゴールド EHP-CH2000SGD
ELECOM ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン(マイク付) カナルタイプ 12.5mmドライバ CH2000 ゴールド EHP-CH2000SGD


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

FX-AUDIO- FX202J(TA2020搭載デジタルアンプ)

ノースフラットジャパン

24日にヤフオク(現在はYahooショッピング店での販売)で落札した
North Flat Japanさんの
TA2020搭載デジタルアンプ『FX-AUDIO- FX202J』
今回も1分で終了でした。一瞬のクリックの差、なんとか買えました。

箱のデザインが変わったようです。
TA2020搭載デジタルアンプFX-AUDIO- FX202J

いつもの通りで箱の中身はこんな感じで
今回も黒タイプを選びました。
TA2020搭載デジタルアンプFX-AUDIO- FX202J

簡単な説明書注意書きが1枚
FX-AUDIO- FX202J 説明書

FX-AUDIO- FX202J正面
パワースイッチとボリュームつまみ。
FX-AUDIO- FX202J 正面

FX-AUDIO- FX202J背面
RCA入力(金メッキ仕様)、バナナプラグ対応金メッキスピーカー端子
電源DC12V(外径5.5mm・内径2.1mm・センター+(プラス))
FX-AUDIO- FX202J 背面

FX-AUDIO- FX202J側面
FX-AUDIO- FX202J 側面

電源はいつも通り付属していませんので
別途、秋月電子通商で購入。
65w級スイッチングACアダプタ12V5A GF65I-US1250
65w級スイッチングACアダプタ12V5A GF65I-US1250

大きさ比較
下からFX1002A、FX202J、DAC-X5J
FX1002AとFX202JとDAC-X5J

下からFX1002A、FX202J、DAC-X5J
FX1002Aに比べたらFX202Jはコンパクト。
FX1002AとFX202JとDAC-X5J

下からFX1002A、FX202J、DAC-X5J
FX1002AとFX202JとDAC-X5J

さっそくつなぎかえて試聴。
いままで聴いていたFX1002Aがパワーがありすぎたせいか
元々パワーが違うので当たり前だとは思いますが
FX202Jはおとなしい印象、ソフトな感じ?固さがない?
ボリュームつまみもFX1002Aに比べるとつまみを大きく回さないと
同じぐらいの音量にならないですね。
しばらくはFX202Jで鳴らしておきます。


デジタルアンプ

ノースフラットジャパン
FX-AUDIO- FX202J


KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
DALI スピーカーシステム  ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

FX-AUDIO DAC-X5J

ノースフラットジャパン

ヤフオクで落札した(現在はYahooショッピング店での販売)
ノースフラットジャパンさんのヘッドホンアンプ(DAC、USBDAC)
FX-AUDIO DAC-X5J
USBからの入力がハイレゾ化(24bit/96KHz)されてDAC-X3Jからバージョンアップ
FX-AUDIO DAC-X5J

本来は2個入りの箱のようです。私はもともと1個でよかったのですが
いつもながら人気があるので一瞬の勝負でオークション終了してましたね。FX-AUDIO DAC-X5J

非常にコンパクト
FX-AUDIO DAC-X5J

正面は
ヘッドホン出力-金メッキ3.5mmステレオミニジャック
LINE出力(LINE OUT)-金メッキRCA端子
ヘッドホンボリューム
FX-AUDIO DAC-X5J 正面

背面は
コアキシャル接続(同軸・RCA端子/最大24Bit192kHz対応)
オプティカル接続(TOS-LINK・角型/最大24Bit192kHz対応)
USB接続(最大16Bit/192kHz or 24bit/96kHz 対応)
電源ジャック外径5.5mmφ2.1mm(センタープラス仕様)DC12V/500mA以上
FX-AUDIO DAC-X5J 背面

大きさ比較
デジタルアンプ(FX1002A)とDAC-X5J
DAC-X5JとFX1002A

横から、長さ比較DAC-X5Jは短い
DAC-X5JとFX1002A

親子のようでアンプの上にDAC
DAC-X5JとFX1002A

DAC-X5Jも電源は付属していませんので秋月電子通商で別途購入
秋月電子 超小型スイッチングACアダプタDC12V1A 100V~240V GF12-US1210
秋月電子 超小型スイッチングACアダプタDC12V1A GF12-US1210

超小型のACアダプタです。
秋月電子 超小型スイッチングACアダプタDC12V1A GF12-US1210

DAC
ハイレゾ
デジタルアンプ

ノースフラットジャパン
FX-AUDIO- DAC-X5J

FX-AUDIO- FX1002J


DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
DALI スピーカーシステム  ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC

ハイレゾ音楽を聴いてみる(オーディオゲート3)

ハイレゾってどうなのか?

メーカーの思惑にまんまと騙されているのでは?

確かに音の情報量はデータ的には増えているのでそれはそれで1つのジャンル。

音を変えるにはスピーカーをグレードアップするのが1番だと思うのですが

試しにmoraでノラ・ジョーンズのハイレゾアルバムをダウンロード購入。

私の耳でわかるのか?


ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」
CDからMediaGoでflac(44.1kHz/16bit)でインポートAudioGate3で再生
これ単独で聴いていたら十分いい音です。
AudioGate3 44.1kHz/16bit

ノラ・ジョーンズ「Don't Know Why」ハイレゾ192kHz/24bitを再生
AudioGate3 192kHz/24bit

右側USB-DAC(DS-DAC-10)のランプ表示も192のところが点灯
DS-DAC-10 192kHz/24bitランプ表示

何度か切り替えて再生してみて、確かに比較すると音は違います。
CDは低音が出過ぎでボーカルが引き立たない感じ。
ハイレゾ192kHz/24bitのほうが解像度が高いというかCD(44.1kHz/16bit)より
ごちゃごちゃしてないというか明瞭というかそんな感じ。

でもこれってハイレゾの恩恵なのかどうなのか?
結局ハイレゾ配信されているのはリマスターだからハイレゾとは別に音は変わるのでは?
これはこれで違いを楽しめば良いのですが、リマスター+ハイレゾの恩恵?
同じマスターからダウンコンバートしないと比較できないですね

試しにAudacityで波形を見てみると
これがCDからインポートした「Don't Know Why」
Don't Know Why 44.1kHz/16bit

こちらがハイレゾ192kHz/24bit「Don't Know Why」
Don't Know Why 192kHz/24bit

波形は異なるので当たり前に音に違いは出ますよね。(リマスターによる違い)


今度はAudioGate3 アップサンプリング(DSD5.6MHz)
AudioGate3 サンプリング周波数変更

アップサンプリング(DSD5.6MHz)再生
AudioGate3 DSD5.6MHz アップサンプリング

USB-DAC(DS-DAC-10)のランプ表示も5.6のところが点灯
DS-DAC-10 DSD5.6MHz アップサンプリングランプ表示

微妙な音の違い、少し厚みが出た?感じですかね。
ランダムにブラインドテストされたらまずどれがどれか当てられないですね。
自然と体で音を感じているのでしょうか?
こうやってメーカーの思惑にまんまとはまって行く・・・・


ハイレゾ
デジタルアンプ

KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
KORG 1bit USB DAコンバータ DS-DAC-10
DALI スピーカーシステム ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1
DALI スピーカーシステム  ZENSOR 1 ライトウォールナット ZENSOR1



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自作PC